ブログトップ

HK evolution

hkevolu11.exblog.jp

最新のHK的情報発信中~☆

<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今節のバルサ
第25節サラゴサ戦に臨んだバルサは2-0で勝利。まず、相手のハンドにより得たPKをロナウジーニョが決め、2点目はエトーからのクロスを途中交代で入ったラーションがダイレクトで決める。エトーとラーションの連携が完璧だった。あんな精度の高いクロスを上げるとは正直意外だったね。

試合途中、エトーがいきなりピッチを去ろうとするハプニングが起きた。相手チームのサポーターから人種差別的野次を受けたからだ。以前何度かこういう野次を受けたエトーだが、また起こるとは。こういうのは悲しいね。ヨーロッパのサッカーはアフリカ出身の選手が多く、その身体能力は計り知れない。特にフランスリーグにはコートジボワール代表やセネガル代表の選手等アフリカ出身の選手が多い。一方、リーガエスパニョーラはスペイン、南米の選手がほとんどでアフリカ出身の選手は他のリーグに比べ少ない。そんな中、バルサのストライカーとして君臨し、リーグの得点ランキングトップに立っているエトーはアフリカの至宝と言っていいだろう。アフリカ最優秀選手にも選ばれたしね。そういう選手だからこそ賞賛されたり批判されたりするわけだが、人種差別は許されない。そんなこと言われたらやる気なくすのも当然だ。今回の野次の場合客のモラルの問題で、1人ひとりが正しい解釈をしていれば起こらなかったことなんだろうけどね。
年に1回は必ずこういうことが起きる。サッカーに限らず、他のスポーツでも今後差別的行為が行われないことを祈る。
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-28 01:12 | サッカー
今日は布袋さんのライブへ。

客は9割9分男。さぞかしむさい感じのライブになるんだろうなと思っていたらその通りw
ただ、男ばっかというだけあってノリはかなりいい。有名な曲ばっかやっていたのでなおさら。
男性ファンから見れば布袋さんはカリスマ的存在であろう。ギターやってるは人は特に。同性から共感を得る男になるってのは相当難しいけど、もしそうなることができたら真の男だね。
俺にとっちゃTK、DAがカリスマ的存在。この2人には女性ファンが多かったりするけど、男にしかわからないかっこよさを持ってる。ていうか、俺みたいなキーボード使いにしかわからないかっこよさかw

どうでもいいけど、今日のPAのオペレーターが外人でなんかかっこよかったw年齢は40代ぐらいだったと思うけど、日本人の40代と外人の40代ってこうも違うのかとちょっと思った(^^;
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-26 01:40 | バイト
ついにCL決勝トーナメント開幕!バルサの相手は去年と同じで宿敵チェルシー。
チェルシーのファールが23、バルサが13となかなか激しい試合。しかも、前半にチェルシーのデル・オルノがメッシーに後ろから思い切りぶつかり退場し、バルサに追い風が!と思いきやモッタのオウンゴールでチェルシーが先制。しかし、ロナウジーニョのFKからチェルシーのジョン・テリーがオウンゴールしてしまい同点。そして、最後は自陣のゴール前でボールを奪ったバルサが一気に攻め上がり、ロナウジーニョが自らのドリブルでゴール近くまで持ち込み、そこから左のラーションにつなぎ、ラーションが落としたボールをマルケスがクロスを上げ、最後はエトーの驚異的なジャンプ力によるヘディングで逆転!この流れるような攻撃こそバルサの真骨頂ですよ!

この調子で2戦目のホームゲームももらった!そして優勝まっしぐらだ!

ミランvsバイエルンは1-1の引き分け。ということは、旅行行った時に観戦する2戦目はエキサイティングな展開になることが予想される。この試合のチケットを確保したのだが、結局ゴール裏の席。希望はサイド席だったけど。ホーム側っぽいんだけど、もしミランが負けたときに、ミランサポーターに「ジャッポネーゼのくせになんでここにいんだよ!」とかいう言いがかりをつけられそうなのが怖い(^^;ペットボトルとかいっぱい降ってくるらしいしね。身の安全のために、ミランが勝つことを祈るしかない。
これに反してリーグ戦のユベントスvsミランは見事サイド席をゲット!しかも2F!端の方だけど、まあゴール裏よりは全然いい☆
取り敢えず、「ナカタ!ナカムーラ!ナナミ!」とか言ってくる怪しいイタリア人は完全無視だなw
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-24 02:38 | サッカー
バイトが終わり帰宅の途に着くと終電ぎりぎり。しかも、途中電車が遅れたため赤羽で待たされ、京王線の終電に間に合うかどうか不安だったがなんとか間に合った!3度目の終電敗退はなんとか免れた~。

意味不明語録~番外編~
そのときこっちから送ったメールが「なんとか間に合ったよ~」
返ってきたメールが「終電マニアってよかったー!!!」

単なる変換間違いw
過去2度終電を逃し約2時間歩いて家に帰った俺はやっぱりマニアなのか(^^;


今節のバルサ
バルセロナ 5 - 1 ベティス
やっぱりバルサはロナウジーニョのチームだ☆
2試合ぶりに復帰したロナウジーニョが大爆発!敵の壁に当たって入るというラッキーなゴールもあったが、絶妙なスルーパスを見せたり、自らFKを決めたりと存在感を示した。1人いるかいないかでこんなにも変わってしまうとは。
取り敢えず連敗を止めたことは大きい。明日はいよいよCL決勝トーナメント チェルシー戦!昨シーズンの借りを返さねば!
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-22 03:16 | 日記
アメリカ戦ではみっともない負け方をした日本代表だったが、今日のフィンランド戦では全然違っていた。
序盤から日本ペースでパスが回ってた。小野が起点になり、巻、久保も縦横無尽に動き回っていた。ああいうサッカーだったら見てるこっちも気分がよくなるというものだ。
てか、あの小笠原のゴールには驚いた(^^;キャプテン翼もびっくりの超ロングシュートw
次は22日のアジアカップ予選インド戦。相手が相手だけにサクっと勝ってもらいたいね~。
あとフィンランドの英雄、元バルサのリトマネンが来ると思ってたのに見れなくて残念だった(><)
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-19 01:09 | サッカー
自分の家で鍋すると大変だ・・・片付けが(^^;
鍋は焦げてるし、生クリームとからしが塗られたナンはあるし。

世界一になった友達の映像を初めて見た。いや~すごいね。相変わらずのずば抜けた身体能力でパフォーマンス性も優れてる。昔よりバック転のキレがいいし(^^;世界取ったら今度は一体何を取るんだ~!?
彼が所属しているダブルダッチサークルのページです。興味のある方は是非これからの活動をチェックしてみて下さい☆

D.S.P


結局鍋の焦げは取れず(><;)
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-17 02:31 | 日記
発売まであと1週間を切った。買いたいけど卒業旅行の準備でどんどん出費がかさむせいで買えない~(><)

今日はavex盤のDISK2☆


1 CAN YOU CELEBRATE? / 安室奈美恵
安室最大のヒット曲。この曲を出して数ヵ月後に結婚を発表。あの時はびっくりしたね。人気絶頂の時にお母さんになったわけだし、しかも相手がSAMだったからな~。ストリングスの壮大さが伝わってくる。
HK的評価:☆☆☆☆

2 by myself / hitomi
最初のイントロが好きだったな~。シングルでは初めてのミディアムテンポな曲。
HK的評価:☆☆☆☆

3 卒業 / 渡辺美里
TK作品では珍しい卒業ソング。結構この時代のTKらしさが出た曲かも。
HK的評価:☆☆☆

4 DEPARTURES / globe
globe最大のヒット曲。この曲は死ぬほど聴いたな~。Mステかなんかで初めて聴いた瞬間ビビっときた。ピアノのとこをよく練習しました。冬、雪といえばこれ。
HK的評価:☆☆☆☆

5 alone in my room / 鈴木あみ
鈴木あみの2ndシングル。ちょうどMaxiシングルが主流になってきた頃で、このシングルからMaxiになり、4曲入りだった。まあ、Remixだけどw途中にあるキーボードソロが結構特徴的で、全体的にシンプルな印象を受けた。
HK的評価:☆☆☆☆☆

6 恋しさと 切なさと 心強さと / 篠原涼子
200万枚を超える大ヒットとなった曲。映画版ストⅡの主題歌だった。当時テレビ出演する時にwith tとしてTKがバックで参加。メガネをかけてちょっとインテリ系になっていた。何故かうちの母親はそれを気に入っていた。
HK的評価:☆☆☆☆☆

7 DIVE INTO YOUR BODY / TM NETWORK
この曲がTKベストに入ってくるとは意外だった。このぐらいの時期からちょっと曲調が変わり、サウンド的にも新しい感じになった。浅倉大介もソロアルバムでカバーしている。
HK的評価:☆☆☆

8 NO TITLIST / 宮沢りえ
これは知ってる人は知ってるという曲だね~。リアルタイムでは覚えてないけど、中学の時地元で再放送していたドラマで初めて聴いた。そのドラマにはまだ10代の宮沢りえ、島崎和歌子、西田ひかる等が出演。今じゃおばさんになってしまった島崎もこの頃ばかりは結構かわいかったw
HK的評価:☆☆☆☆☆

9 JINGI・愛してもらいます / 中山美穂
曲名は知ってたけど、聴いたことないからちゃんと聴いてみたい~!
HK的評価:?????

10 Good Morning-Call / 小泉今日子
TKもセルフカバーした曲。原曲をどうにかして手に入れたいと思ってたけど、古すぎて見つけられなかった。けど、こうやってベストに収録されることはTKファンにはたまらない試みだ。
HK的評価:☆☆☆☆☆

11 happy wake up! / 観月ありさ
「TOO SHY SHY BOY!」と並ぶ観月の代表曲。朝の目覚めにはいいかも。「Good Morning-Call」の次ってのがまた狙ってるね~。「BOY MEETS GIRL」にちょっと似てることで有名。
HK的評価:☆☆☆☆☆

12 BOY MEETS GIRL / TRF
この曲はいつ聴いてもいいね~♪俺が初めて練習した曲だし、高校の選択音楽の時にシンセでこの曲を打ち込みした。個人的にとても思い出深い曲。最初のとこと最後のとこの何語かわかんないやつが未だに謎だ。
出会いこそ 人生の宝探しだね 少年はいつの日か少女の夢必ず見つめる」とか「あの頃は いくつものドアをノックした あざやかに描かれた 虹のドアをきっと見つけだしたくて」のとこがよかったね~☆青春って感じだ。
HK的評価:☆☆☆☆☆

13 Missing You / BACKSTREET BOYS
こんなのがあったとは知らなかった。是非一度聴いてみよう。
HK的評価:?????


DISK2は大ヒット曲、隠れた名曲の両方が収録されてて結構楽しめる1枚になってるという印象を受けた。ここまで4枚紹介したが、このHK、もちろんほとんどの曲のシングルを持っている。だから買う意味があんまないかもだけど、昔の曲とか聴いたことのない曲もあるからいづれは買いたいね~。リマスタリングされてるだろうし。
でもまだまだTKの作品はいっぱいあるわけだから、全部制覇するには時間がかかりそうだ~(><)
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-16 01:56 | 音楽
<リーガ・エスパニョーラ -スペイン>
バレンシア 1-0 バルセロナ

今季初の連敗!!2位バレンシアと勝ち点差6になってしまった・・・。
今季のリーグ戦では2回目の無得点に終わった。ロナウジーニョは前節に続き出場停止、デコ、メッシーといった主力も怪我で欠き、攻撃はエトーだけが頼みの綱だったが結局ダメだった。エトーがFK蹴ってたくらいだから相当決め手がなかったとみえる。
しかも、失点はGKヴィクトール・バルデスのパスミスによるもの。もったいなすぎる。
おまけにジュリーが負傷で途中交代。昨季の悪夢がよぎるが、とにかくロナウジーニョが戻ってくればなんとかなる!
次節はホームでのレアル・ベティス戦。チャンピオンズリーグ チェルシー戦の3日前の試合だけにここはなんとしても勝って勢いをつけたい。


いいともに大西ライオンが出てたwやっぱおもしろい♪2006年は大西ライオンで決まりだ!
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-14 03:02 | サッカー
今日はゆずin横アリ。

最後の曲だったかで、ファンの人達が持ってた黄色のタオルを一斉に空中に放り投げる場面があった。ん!?この光景どっかで見た気が・・・そうだ矢沢永吉のライブだw
あのタオル投げは永ちゃんファン独自のものだと思っていたが、若者の間でも行われていた。ゆずのライブを見に来る人達のお父さん世代に永ちゃんの影響を受けてる人が多いはずだから、タオル投げのDNAが親から子へ受け継がれたということか?(^^;

あと、もうひとつ気になることが。会場の正面入り口に置かれたお花達。各界著名人や出版社、芸能関係の会社等からたくさん届いていた。その中に一際目立つものが。お花の周りにハートの形をした風船がいっぱい(^^;差出人はルー大柴だったw開場の1時間くらい前に見たときは、数あるお花達の真ん中に置かれていてとても目に入りやすかったが、開場間際にふと見てみたら、いつのまにか一番端っこに置かれていたw
花さえもやかましかったのか(^^;
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-12 00:46 | バイト
今日は中学校の時の部活の顧問の先生が出張でこっちに来てるということで、同じ中学だった友達と飲みに行くことに~。

地元の教育事情や経済事情、俺が中学生の頃のウラ事情等いろんな話をした。生徒達が日々いろんなことを考えて生きているように、先生達もいろんなことを考えながら生徒や親達に接しているんだと分かって、改めて教師の大変さを痛感した。ちゃんと怒る役割の先生が決まってただなんて~(><)学校も企業と同じように組織で動いているということです。

中学を卒業してから7年も経つといろいろと変わるものだ。ただ、変わってなかったのが俺が通っていた中学校は相変わらず冬は長靴登校だそうなw市内じゃここだけだよ(^^;ある意味安心した♪
[PR]
by hkb3000 | 2006-02-11 01:35 | 日記